どんなウェブサイトが売買されているのか徹底解説!

サイトM&Aで手軽に自分のサイトを手に入れよう!

サイトM&Aによるサイトの売買は2008年にサイトM&Aを扱う会社が増えてから、リーマンショックの際に一時下火になるもののその後は勢いを取り戻し、市場規模を広げ続けています。買い手側は一からサイトを作る必要が無く、さらに始めからある程度のアクセスが見込めるサイトを購入出来、売り手側は不要なサイトをまとまったお金にできるという双方にメリットがある取引です。そうした需要に応じ、サイトM&Aサービスを行っている会社も増加傾向にあり、各社サービス内容などに特色を付けて他との差別化を狙っています。サイトM&Aで取引されているサイトは多岐に渡ります。サイトによって得意なジャンルなどに違いはありますが、あらゆるジャンルのサイトが売りに出されています。

具体的にどんなサイトが売買されているの?

では、具体的にどのようなジャンルのサイトが売買されているのでしょうか。まずはアフィリエイトサイトです。サイト売買の中心的存在とも言えるアフィリエイトサイトは、事業から撤退するなどの理由で利益が出ているにも関わらず売りに出されるケースもあります。その一方、何らかのペナルティを受けそうだという理由で売りに出されるパターンもあるため、ただアクセス数などが多いからと飛びつかず、しっかりと吟味しましょう。ECサイトも売りに出されていることが多いジャンルです。個人のECサイトから大手ECサイト内のショップなどといった様々なサイトが販売されています。サイトを購入した際にはトラブルを避けるため、顧客に運営者が変わったことを周知するようにすると良いでしょう。その他、マッチングサイトや各種情報のまとめサイトなども取引数が多いサイトです。

© Copyright Helpful M&A. All Rights Reserved.