M&Aサイトの歴史について

自社にないサービスを提供するサイトを買収

今や自社のサイトを持たない会社はないと言ってもいいほど、様々な企業がサイトを運営しています。しかし、インターネットがまだ黎明期の頃は各社これからサイトを作ろうとしていた時期で、自社の概要などを掲載した簡単なサイトしか作っていませんでした。一方で、既に集客を意識したサイトもあり、サイト運営の知識があまりない会社にとっては魅力に映ったようです。サイトM&Aの歴史として、サイト運営のノウハウが少ない会社などが自社にはないサイト上のサービスを手っ取り早く運営するために行い始めた背景があります。現在サイトの価値はかなり高額に評価されていますが、当初はサイトの価値を測る物差しがなく、かなり低く評価されていたようです。

サイトが金融機関によって担保認定された

現在、インターネット上にサイトを作るのは誰でもできると言って過言ではないでしょう。ブログなどなら無料で始めることもできます。誰でも無料で作れることから、一般的なサイトには資産価値はないかもしれません。しかし、サイトの中には売上をどんどん上げているものもあり、そういったサイトを売りに出すと買い手が付くサイトM&Aが盛んに行われるようになりました。サイトM&Aにおいてはそのサイトにどれくらいの価値を付けるかが重要になりますが、歴史の中の重要な出来事として銀行がサイトを担保を設定し融資を行ったケースがあります。個々のやり取りで価値が決められるだけでなく、金融機関が価値を付けたという事実によってよりサイトM&Aが本格化した面はあるでしょう。

© Copyright Helpful M&A. All Rights Reserved.