サイトM&Aとは、どんなサービスなのか?

ウェブサイトを資産として売買するサイトM&A

企業のM&Aは企業同士の買収や合併を指す言葉ですが、サイトM&Aとは企業が個人が持つウェブサイトを商品と見なして売買することを指します。日本では2003年にウェブサイトを担保にして銀行が融資を行った事をきっかけに、ウェブサイトを資産として扱う考え方が認知されるようになり、2005年頃からサイトM&A業者が登場するようになりました。ウェブサイトは形のない資産ですから、価値を査定することは難しいです。買い手と売り手だけではお互いの主観が衝突し合い、話がまとまらずに決裂するケースが少なくありません。交渉に関するスキルが必要になりますし、商業サイトの売買では法律に関する専門的な知識が求められます。そのため、サイトM&Aは仲介業者を介して行われるケースが多いです。

サイトM&Aが成り立つ理由

買い手がサイトM&Aを利用する理由は、完成されたウェブサイトが入手できる点にあります。ウェブサイトを立ち上げるためにはコンテンツの企画や作成に時間がかかりますし、人手も必要です。まとまった金額が必要になりますが、サイトM&Aを利用することで手間をかけることなくスピーディーにウェブサイトを入手できるのが大きな特徴です。売り手にとっても、サイト売却によってまとまった資金を得ることができるメリットがあります。複数のサイトを運営している場合では、収益があまり出ていないサイトを売却して得意なサイトに集中して取り組んだり、得られた資金を基に新たなサイトを立ち上げたりすることが可能になります。買い手と売り手の双方の事情が合わさることによって、サイトM&Aは成立しているのです。

© Copyright Helpful M&A. All Rights Reserved.